忍者ブログ
理学療法士として働く自分の知識の整理やリハビリに関するニュース,関連動画など。動画はネット上からの拾いものです。 勉強した事をまとめていく予定ですが、間違ったことがあるかもしれません。またその際、引用などで不適切なことがあるかもしれません。上記の事にお気づきになられたら連絡をいただければ幸いです。
ファイテンオフィシャルストア
訪問ありがとうございます
気に入った動画があれば各記事右下の拍手ボタンのクリックをお願いします。今後の更新や編集の参考にさせていただきます。
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[07/26 コピークロムハーツ]
[07/09 クロムハーツ コピー 比較]
[07/08 クロムハーツブレスレットスーパーコピー]
[07/07 激安クロムハーツ服]
[07/02 クロムハーツ ヘアゴム コピー]
最新TB
プロフィール
HN:
PT11
性別:
男性
職業:
理学療法士
バーコード
カウンター
アクセス解析
ブログランキング
おもしろいブログが集まっています
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

是非訪問してみてください
[124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

膝の内側側副靱帯について機能解剖を中心にまとめました。





膝の内側側副靭帯は(medial collateral ligament:MCL)は膝関節の内側面に広がる扁平で幅広い構造をした靭帯である。内側膝蓋支帯線維や内側関節包などとともに膝内側部の補強をしている。MCLは前方(前縦走線維)と後方部分(後斜靭帯および内側関節包靭帯)とからなる。
膝の内側側副靭帯(medial collateral ligament:MCL)
(引用:人体解剖カラーアトラス



大きな前方部分は比較的判別しやすい約10cm長の浅層線維からなり、遠位では、脛骨内側近位面に付着する前に内側膝蓋支帯線維と混じる。鵞足の深層を通り、その付着部は鵞足付着部のすぐ後方にある。
膝の内側側副靭帯(medial collateral ligament:MCL)の付着部
(引用:人体解剖カラーアトラス



近位から遠位にかけて、MCLの前方部分は後方から前方へとわずかに斜めに走る。この線維は45~60°屈曲位で直線状になり、これより伸展位では後方凸、60°以上の屈曲位では大腿骨付着部が回転し線維が巻き上げられる。これらのことにより、MCLは膝関節屈伸の全可動域にわたり緊張を保ち外反不安定性の制動因子となっている。特に、10°以上の伸展域と100°以上の屈曲域では緊張度が高くなる。
膝の内側側副靭帯(medial collateral ligament:MCL)の屈伸による影響
(引用:理学療法29巻2号『膝内側側副靭帯損傷の機能解剖学的病態把握と理学療法』



MCLの後方部分は、短い線維群からなり、前方線維より深層にある。これらの線維の遠位付着部は広く、後内側関節包、内側半月、半膜様筋の厚い腱に付着する。膝関節の後内側の安定性を担っている。後方部分のうち浅層に位置して、後内側関節包に付着するものを後斜靭帯、深層にあって内側半月板や関節包と密に連絡しているものを内側関節包靭帯と区別する場合もある。

側副靭帯の主な機能は、前額面における過度の動きの制限である。膝関節伸展時、MCLの前方部分が外反または外転方向のストレスに対して主要な抗力を発揮する。
屈伸運動においては、上述の通り、前方部分が緊張することで側方の安定性を担うが、屈曲位では関節包と靭帯は相対的に緩み、制動力は低下する。
膝の内側側副靭帯(medial collateral ligament:MCL)の機能解剖
(引用:筋骨格系のキネシオロジー



回旋についてはMCLの前方部分がその走行から外旋の主制動機構となり、内旋では弛緩する。またPOLは線維長が短く、関節包と密に連絡しているため、膝の内・外旋を制動する。
膝の内側側副靭帯(medial collateral ligament:MCL)の回旋による影響
(引用:理学療法29巻2号『膝内側側副靭帯損傷の機能解剖学的病態把握と理学療法』



回旋制動においても、膝関節が屈曲位をとる場合、側副靭帯の側副靭帯の過度内旋や外旋に対する抵抗力は限られている。脛骨上での大腿骨完全伸展でロックされた状態の膝関節では、MCLと後方関節包の他動的張力が増大する。終末伸展回旋を含む膝完全伸展位では、側副靭帯は完全屈曲時より約20%伸張する。



<参考>

膝内側側副靭帯損傷の機能解剖学的病態把握と理学療法、今屋健ら、理学療法29巻2号




医療系の人気サイトはこちら

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

JRANK人気ブログランキング

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]