忍者ブログ
理学療法士として働く自分の知識の整理やリハビリに関するニュース,関連動画など。動画はネット上からの拾いものです。 勉強した事をまとめていく予定ですが、間違ったことがあるかもしれません。またその際、引用などで不適切なことがあるかもしれません。上記の事にお気づきになられたら連絡をいただければ幸いです。
ファイテンオフィシャルストア
訪問ありがとうございます
気に入った動画があれば各記事右下の拍手ボタンのクリックをお願いします。今後の更新や編集の参考にさせていただきます。
ブログ内検索
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/13 PT11]
[07/12 鍼灸あまし]
[02/16 PT11]
[02/15 認知運動量士 白いなまけもの]
[10/07 サトシ]
最新TB
プロフィール
HN:
PT11
性別:
男性
職業:
理学療法士
バーコード
カウンター
アクセス解析
ブログランキング
おもしろいブログが集まっています
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

是非訪問してみてください
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プロ野球の阪神タイガースがトレーナーを募集しています。



応募条件は何点かあるのですが、理学療法士の免許を持っていれば応募可能です。



こういったチャンスはなかなか掴めないので、興味のある方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか?



詳細はこちら







医療系の人気サイトはこちら

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

拍手[0回]

PR
現在、理学療法で行われる牽引療法は頸椎牽引と腰椎牽引が一般的ですがが、ここでは頸椎牽引についてまとめています。





●効果
牽引療法の治療効果としては、以下のものがあげらる。
(1)椎間関節周囲軟部組織の伸張
(2)椎間板、椎間関節の軽度の変形、変位の矯正
(3)椎間関節の離開
(4)椎間孔の拡大
(5)椎間板内圧の陰圧化と椎体前後靭帯の伸張による膨隆髄核の復位化
(6)攣縮筋の弛緩
(7)マッサージ効果による循環改善・促進
(8)患部の安静・固定

これらは牽引力や牽引方向、牽引肢位などによって影響をうけるので、患者に応じて適切に選択する必要がある。



●牽引力
一般的に体重の1/10くらいからはじめ、漸増して8~15kgで行うことが多い。文献によっては7~20kg程度がよいとされている。レントゲン上で変化を期待するには10kgは必要で、11kgで頸椎の直線化がみられるが、頸椎軟部組織のマッサージ・ポンピング効果は7~8kgでも十分に得られる。



●牽引角度
牽引角度によって牽引力が加わる頸椎の部位が異なる。上位頸椎は垂直牽引(0~15°)、中位頸椎は約15°~30°、下位頸椎には30°~40°、上位胸椎には約45°~60°が適切としている。
牽引角度20°以上では、後方椎間距離が伸びるが、椎体前方離開は安静時より減少するため推奨される。



●牽引時間
最大リラックスには20~25分必要とされている。牽引力15kgで、7秒牽引、5秒休止の間歇牽引において、20分後に椎間の離開に有意差がみれれ、25分で最高となったと報告している。外来では座位で10~20分牽引することが多い。牽引力と牽引時間を増加させる場合には、はじめに牽引時間を延長し、ついで牽引力を1kgずつ漸増する。



●牽引肢位
一般的に外来では座位で行っているが、背臥位のほうがリラックスしやすく、体幹の安定性と固定性を得られやすい。
患者の症状によっては、背臥位で頸部回旋位あるいは側屈位での牽引が効果があるとする報告もある。



●適応
頸部椎間板ヘルニア
椎間板変性・頸部脊椎症(脊髄症、神経根症、局所症状、椎骨動脈不全症状)
頸肩腕症候群
頸部・肩・上腕・肩甲間部・傍脊柱部の筋痛やこわばり
頭重感・肩こり
眼精疲労
バレーリュー症候群(Barre-Lieou症候群)


一般的に、椎間板ヘルニアなどの急性期の激痛期には、安静臥床が第一である。激痛期が過ぎ、一側下肢への放散痛が主症状になった以降で持続牽引がまず処方され、徐々に間歇牽引に移行していくのが一般的である。



●禁忌
リウマチや乾癬性関節炎、強直性脊椎症などの炎症性の脊椎炎
化膿性脊椎炎、骨軟化症
外傷に由来する症状のうち急性期、全身の感染症、重篤な心臓疾患や肺疾患
結核性疾患(脊椎カリエス)、悪性腫瘍の転移のあるもの
脊椎分離症・すべり症
牽引によって症状の悪化するもの
頸動脈や椎骨動脈の重篤な動脈硬化症があるもの
高齢者で骨粗鬆症の著名なもの
精神障害のあるもの(依存的になりやすい)
妊婦



●その他の注意事項
急激に強い牽引力をかけない、気持ちよさを感じる程度の強さとする、牽引後少なくとも1~2分はそのままの姿勢で休ませる、牽引後の症状の変化を聴取しておく等



<参考>







医療系の人気サイトはこちら

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

拍手[0回]

垂直性注視障害や偽性球麻痺などの核上性病変を伴う進行性の疾患である。男性がやや多く(男女比2:1)、50~60歳代に発症しやすい。特徴的な症候の出揃う前の病初期にはパーキンソン病と誤診されることが多い。パーキンソンニズムの4~12%を占める。





●病理
 病理学的には淡蒼球、視床下核、黒質、赤核、上丘、青斑核、中脳水道周囲灰白質、橋被蓋、小脳歯状核など基底核、脳幹、小脳の灰白質に神経細胞の脱落、グリアの増殖、神経原線維変化がみとめられる。この神経原線維変化は球型で直線上の小管の束からなるもので、アルツハイマー病でみられる対になって捻じれた小管の束も多少は混在している。



●症候
 初発症状は姿勢反射障害による歩行の不安定さ、転倒しやすさ、あるいは構音障害であることが多い。次第に自発性が低下し、眼球運動(特に下方注視)障害、嚥下障害、体幹を中心とした筋緊張異常(頭の後屈、下顎の突出し等)、平衡障害、精神活動緩慢などの特徴的な症候が出現してくる。

(1)歩行・姿勢反射障害
 病初期からの歩隔も歩幅も大きく不規則で不安定な歩行。歩行時のつまずき、立ち直り反応の低下などもみられ、方向転換時に転倒しやすい。転倒は後方が多く、説明できない突然の後方への転倒もあるが、転倒に対して無頓着である。小脳症候としての平衡障害や運動失調のほか、錘体路徴候として腱反射亢進、バビンスキー徴候陽性を示すこともある。

(2)偽性球麻痺
 早期から痙性構音障害がみられ、言語は単調、不明瞭でうなるような、叫ぶような発語で進行緩徐で、食物をいつまでもぐしゃぐしゃかんだり、急に吐食する(ネクタイ汚し徴候)。偽性球麻痺による強制笑い、強制泣きをみることも多い。

(3)垂直性注視麻痺
 最初に障害されるのが下方注視である。これにより、下の物への注意が乏しく歩いていてもつまずくことがある。下方注視障害が明確になるのは発症後2,3年後で読書や食事にも支障をきたす。次いで上方注視障害を生じ、水平方向の側方注視も末期にはある程度障害されることが多い。しかし、検者の指を注視させながら頭部を受動的に動かすと、眼球が自動的に動き、運動制限はみられない(人形の目現象)。また、いったん閉眼するとスムーズに開眼できない開眼失行がみられることもある。これらの現象は核上性眼筋麻痺に基づいている。

(4)精神活動緩慢
 認知症様の症状がみれるが知能は比較的保たれていることが多い。これは皮質下性認知症とよばれ、思考過程の緩慢、物忘れ、獲得した知識の上手な操作ができない状態で、自発性がなく感情も鈍麻し、言語障害も高度な状態である。

(5)項部ジストニー
 発症4、5年後から頭部を後方に過伸展し顔面が上方に向き顎を突き出す特異な姿勢異常をとることが多い。上半身の筋緊張亢進もみられる。四肢の固縮はあっても比較的軽い。

上記(1)~(5)の症状はこの順番で出現する傾向がある。この他、パーキンソン病様症候として仮面様顔貌となり、マイアーソン徴候が陽性となる。



●特殊型
 本症のなかの特殊な型として、すくみ足歩行と姿勢反射障害を主徴として他の症候のないものがある。純粋無動症とよばれている。発症数年後に軽度に注視障害などのPSPを疑わせる所見が出現することが多い。



●治療と経過
 レボドパの効果は乏しい。発症後4~5年で介助歩行となり、やがて歩行不能となって通常は全経過6~7年で死亡する。



●理学療法
 各病期の症状に合わせた理学療法を実施し、動作能力の維持を図る。全身運動や柔軟体操、バランス練習、ステップ練習などにより、すくみ足、姿勢反射障害に対する理学療法を実施する。構音障害や嚥下障害に対してもカラオケや発声練習などで能力の維持を図る。また、本疾患は進行性疾患であるため、手すりを設置するなどして、病期に応じた住環境の調整も重要である。

※今後さらに情報を追加していきます。

<参考文献>





医療系の人気サイトはこちら

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

拍手[0回]

忍者ブログ [PR]