忍者ブログ
理学療法士として働く自分の知識の整理やリハビリに関するニュース,関連動画など。動画はネット上からの拾いものです。 勉強した事をまとめていく予定ですが、間違ったことがあるかもしれません。またその際、引用などで不適切なことがあるかもしれません。上記の事にお気づきになられたら連絡をいただければ幸いです。
ファイテンオフィシャルストア
訪問ありがとうございます
気に入った動画があれば各記事右下の拍手ボタンのクリックをお願いします。今後の更新や編集の参考にさせていただきます。
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/13 PT11]
[07/12 鍼灸あまし]
[02/16 PT11]
[02/15 認知運動量士 白いなまけもの]
[10/07 サトシ]
最新TB
プロフィール
HN:
PT11
性別:
男性
職業:
理学療法士
バーコード
カウンター
アクセス解析
ブログランキング
おもしろいブログが集まっています
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

是非訪問してみてください
[10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

厚生労働省によって平成20年(2008年)度の診療報酬改定方針がまとめられました。診療報酬は2年ごとに見直されてきたんですが、ここ何回かはマイナス改定が続いていて医療業界に身をおく者としては厳しい環境です。なぜならこの業界は法律的に施設の規模によってある程度の限界が決まっているからです。マイナス改定というのは、ただでさえ限界が決まっているのに更に限界値を下げているようなものです。これじゃあ、いくら頑張っても将来、収入の面を含めてどうなっているか大体の見当がつきます。なんだか、モチベーションがあがらないですよねぇ。中にはお金の問題ではないと批判する人もいますが、理屈ではそうでも現実問題はお金=生活レベルですからねぇ。

そんな話はさておき、今回の主な内容は次の通りです。

●勤務医の負担軽減策
●心の問題への対応
●後発医薬品の普及
●分かりやすい医療
●入院医療の見直し
●リハビリに成果主義
●後期高齢者医療制度

このなかでも注目すべきは『リハビリに成果主義導入』という点です。
どういうことかというと、脳卒中などでリハビリを受ける人が入院している「回復期リハビリ病棟」への診療報酬を病状の改善度合いに応じて加減するということです。病棟ごとに患者の入院時と退院時の状態を比較し、改善度合いのよい人がどれだけいるかで報酬に差をつけるようです。

これに関しては以前、全国保険医団体連合会がリハビリの成果主義導入の反対に関する意見書を提出していました。なぜなら・・・

患者が良くなれば増収
    ⇓
良くなりそうな人を優先に入院させる
    ⇓
良くなりそうな人ばかり入院しているので、みんな良くなって病院の評判が良くなる
    ⇓
多くの入院希望者が殺到
    ⇓
更に良くなりそうな人ばかりを選べる。

ってな具合になることが予想されます。良くなる人(良くなった人)はそれでいいんでしょうけど、問題は重症な人です。普通に考えるとなかなか良くならない人ほどがんばってリハビリを受ける必要があるのに、病院側から懸念される・・・。まぁ例えばの話ですけど、救急医療とは違って回復期リハ病棟への転院、転棟っていうのはある程度自由に選べるってのが現状ですからねぇ。ありえない話ではないかも。

とりあえず11月末に中医協に正式に提出するようです。あとはそこでの議論次第といったところでしょうか。

もしお役に立ったならば、ランキングへの投票をお願いします。更新の励みになります。

↓をクリックしてください。

人気ブログランキング

ブログランキング

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]