忍者ブログ
理学療法士として働く自分の知識の整理やリハビリに関するニュース,関連動画など。動画はネット上からの拾いものです。 勉強した事をまとめていく予定ですが、間違ったことがあるかもしれません。またその際、引用などで不適切なことがあるかもしれません。上記の事にお気づきになられたら連絡をいただければ幸いです。
ファイテンオフィシャルストア
訪問ありがとうございます
気に入った動画があれば各記事右下の拍手ボタンのクリックをお願いします。今後の更新や編集の参考にさせていただきます。
ブログ内検索
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/13 PT11]
[07/12 鍼灸あまし]
[02/16 PT11]
[02/15 認知運動量士 白いなまけもの]
[10/07 サトシ]
最新TB
プロフィール
HN:
PT11
性別:
男性
職業:
理学療法士
バーコード
カウンター
アクセス解析
ブログランキング
おもしろいブログが集まっています
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

是非訪問してみてください
[125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脳卒中患者に対して理学療法や作業療法を実施する際に、循環器系のリスク管理の基準としてアンダーソン(Anderson)・土肥の基準が用いられる。


ただし、厳密にこの基準に従うと運動療法がまったく進まない場合も多く、主治医と相談の上、個々の症例にあった基準を把握しておくべきである。





●アンダーソン(Anderson)・土肥の基準

・訓練を行わない方がよい場合
安静時脈拍 120/分以上
安静時血圧 収縮期200mmHg以上、または拡張期120mmHg以上
労作性狭心症または1か月以内の心筋梗塞
明らかな心不全や著しい不整脈
訓練前にすでに動悸や息切れのあるもの

・途中で訓練を中止する場合
脈拍 140/分を越えた場合
血圧 収縮期40mmHg、または拡張期20mmHg以上の上昇
1分間10以上の期外収縮や頻脈性不整脈あるいは徐脈
中等度の呼吸困難、めまい、嘔気、狭心痛の出現

・訓練を一時中止し、回復を待って再開する場合
脈拍 運動前の30%、または120/分を越えた場合(ただし2分間の安静で10%以下にならなければ中止、または負荷を軽くする)
1分間10以下の期外収縮の出現
軽い動悸や息切れ


※上記以外にも明らかな心不全徴候(むくみ、息切れ、チアノーゼ等)や狭心痛がある場合は運動療法の実施は禁忌である。



<参考>






医療系の人気サイトはこちら

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

JRANK人気ブログランキング

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]