忍者ブログ
理学療法士として働く自分の知識の整理やリハビリに関するニュース,関連動画など。動画はネット上からの拾いものです。 勉強した事をまとめていく予定ですが、間違ったことがあるかもしれません。またその際、引用などで不適切なことがあるかもしれません。上記の事にお気づきになられたら連絡をいただければ幸いです。
ファイテンオフィシャルストア
訪問ありがとうございます
気に入った動画があれば各記事右下の拍手ボタンのクリックをお願いします。今後の更新や編集の参考にさせていただきます。
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/13 PT11]
[07/12 鍼灸あまし]
[02/16 PT11]
[02/15 認知運動量士 白いなまけもの]
[10/07 サトシ]
最新TB
プロフィール
HN:
PT11
性別:
男性
職業:
理学療法士
バーコード
カウンター
アクセス解析
ブログランキング
おもしろいブログが集まっています
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

是非訪問してみてください
[77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

手書きの絵による肩関節の関節唇(Labrum)の解説です。

関節唇は肩甲骨の関節窩を縁取るように位置していて、肩関節(肩甲上腕関節)の浅い関節面を補っています。動画中の絵では簡易的に描かれている為、関節面は円状になっていますが、実際は洋梨状です。関節唇のてっぺん辺りには上腕二頭筋の腱が付着しています。

肩関節の関節唇を損傷した場合、その損傷部位によりSLAP LesionsやBankart Lesionsと呼ばれます。SLAP Lesionsは肩関節の上方関節唇損傷のことで、Bankart Lesionsは肩関節の下方関節唇損傷のことです。臨床では後上方関節唇損傷と前下方関節唇損傷の頻度が高いようです。

投球動作などのオーバーヘッドモーション(手を頭よりも高く上げる動作)を多用した場合、上腕骨骨頭の前下方関節唇への衝突によりBankart Lesionが発生しやすいようです。





この動画の続き(肩関節の関節唇損傷に対する評価)はこちら

医療系の人気サイトはこちら

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

ブログランキング

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]