忍者ブログ
理学療法士として働く自分の知識の整理やリハビリに関するニュース,関連動画など。動画はネット上からの拾いものです。 勉強した事をまとめていく予定ですが、間違ったことがあるかもしれません。またその際、引用などで不適切なことがあるかもしれません。上記の事にお気づきになられたら連絡をいただければ幸いです。
ファイテンオフィシャルストア
訪問ありがとうございます
気に入った動画があれば各記事右下の拍手ボタンのクリックをお願いします。今後の更新や編集の参考にさせていただきます。
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[09/19 http://2017.goduy.com]
[09/08 http://www.gjpmall.net]
[09/07 http://2017.jpreason.com]
[09/07 http://www.japanpcc.com]
[09/06 http://2017.gjpmall.net]
最新TB
プロフィール
HN:
PT11
性別:
男性
職業:
理学療法士
バーコード
カウンター
アクセス解析
ブログランキング
おもしろいブログが集まっています
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

是非訪問してみてください
[80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回の肩関節の関節唇損傷に対する関節鏡手術についてはこちら

通常であれば術後翌日から理学療法を開始する。
理学療法の最終目標は①疼痛の軽減、②自動運動、他動運動ともに可動域の改善、③筋力強化、④通常の肩関節の機能の再獲得。
術後の理学療法の急性期は大体6週間。損傷の部位や程度、手術所見等により多少の前後はあるものの、振り子運動や自動介助運動を用いて肩関節の可動域練習を行っていくとともに筋肉の運動を促していく。自動運動が可能になると髪をといたり、着衣動作などの基本動作を中心に肩関節の運動を促していく。こういった自動運動が疼痛もなくスムーズに行えるようになってくると、次の筋力トレーニング期へと移っていく。
自宅でのセルフエクササイズは非常に重要で、手術翌日の理学療法開始時から他動運動などの自主トレを指導していく。肩関節の機能が戻ってくると同時に徐々に応用的な運動を行っていく。
回復期は大体2~4か月。本人の要望や、術前の機能や能力等によって期間はまちまち。

もし仮に術後に疼痛がなくなって理学療法がスムーズに進んでいたとしても、組織の修復にはその後何週間もかかるので注意が必要である。関節唇が治癒していく期間は理学療法士が他動的にストレッチ等のリハビリを行っていくが、徐々にローテーターカフのトレーニングをはじめとした複合運動を行っていき、肩関節の機能向上を図る。

受傷からリハビリ、復帰までの一連の流れのプロセスを患者自身がしっかりと理解して治療に取り組むことも大切。





医療系の人気サイトはこちら

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

ブログランキング

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]