忍者ブログ
理学療法士として働く自分の知識の整理やリハビリに関するニュース,関連動画など。動画はネット上からの拾いものです。 勉強した事をまとめていく予定ですが、間違ったことがあるかもしれません。またその際、引用などで不適切なことがあるかもしれません。上記の事にお気づきになられたら連絡をいただければ幸いです。
ファイテンオフィシャルストア
訪問ありがとうございます
気に入った動画があれば各記事右下の拍手ボタンのクリックをお願いします。今後の更新や編集の参考にさせていただきます。
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/13 PT11]
[07/12 鍼灸あまし]
[02/16 PT11]
[02/15 認知運動量士 白いなまけもの]
[10/07 サトシ]
最新TB
プロフィール
HN:
PT11
性別:
男性
職業:
理学療法士
バーコード
カウンター
アクセス解析
ブログランキング
おもしろいブログが集まっています
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

是非訪問してみてください
[84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皮膚運動学 機能と治療の考え方

臨床ですぐにでも使えて効果も出せるアプローチ法。それが『皮膚へのアプローチ』。

皮膚は人体最大の臓器であり、その何%が火傷等で損傷されると生命にもかかわる重要な臓器です。

おそらくほぼ100%に近い人が『皮膚』という言葉を知っていて、それが何かをイメージできるであろうと思われる臓器ですが、その正確な機能や人体への影響については、我々専門家も含めてはっきりと把握できていないのではないかと思います。

そんな中、皮膚が身体運動に与える影響に着目して、その皮膚へのアプローチを紹介しているのが『皮膚運動学 機能と治療の考え方』です。

今までは身体に関わる専門家にとって運動学というと、骨や関節、靱帯、筋肉などの俗にいわれる『運動器』ばかりに固執しがちでしたが、それらを一番外側から包み込む『皮膚』も大きく影響しています。

視点を変えると『皮膚』という臓器は関節運度の支点からもっとも長いモーメントアームをもっています。

海外では以前から皮膚へのアプローチにも注目されていてさまざまな手技があるようですが、日本ではまだまだ重点を置かれていない感があります。皮膚へのアプローチは特別な道具も必要なく、非常に手軽にできて、相手にかかるストレスもほとんどありません。

明日からでもすぐに始めることができて、すぐに期待できる。それが皮膚へのアプローチだと思います。

是非お勧めです。ターザンにも紹介されていました。

その他のレビューはこちらから





医療系の人気サイトはこちら

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

ブログランキング

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]