忍者ブログ
理学療法士として働く自分の知識の整理やリハビリに関するニュース,関連動画など。動画はネット上からの拾いものです。 勉強した事をまとめていく予定ですが、間違ったことがあるかもしれません。またその際、引用などで不適切なことがあるかもしれません。上記の事にお気づきになられたら連絡をいただければ幸いです。
ファイテンオフィシャルストア
訪問ありがとうございます
気に入った動画があれば各記事右下の拍手ボタンのクリックをお願いします。今後の更新や編集の参考にさせていただきます。
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/13 PT11]
[07/12 鍼灸あまし]
[02/16 PT11]
[02/15 認知運動量士 白いなまけもの]
[10/07 サトシ]
最新TB
プロフィール
HN:
PT11
性別:
男性
職業:
理学療法士
バーコード
カウンター
アクセス解析
ブログランキング
おもしろいブログが集まっています
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

是非訪問してみてください
[50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40
前回紹介した動画の続きです。

手でつかんでいるのが小胸筋。大胸筋の深部にあります。その小胸筋をめくって、次につかむのが前鋸筋。前鋸筋の付着部は肩甲骨前面の内側縁です(指を突っ込んで説明している辺り)。続いて腕神経叢を上方に押しよけて、肩甲下筋を説明。その後おさらい的な感じで腕神経叢、肩甲下筋、前鋸筋、広背筋(の一部)そして大円筋を示して、胸部・肩関節は終了。
続いて上腕部へ。上腕二頭筋から。短頭(内側)は小胸筋と同様に烏口突起に付着。長頭を説明したのちに2つの筋束をつかんで左右に分けると神経が現れます。これは腕神経叢から続く外側神経束(たぶん)。続いて烏口腕筋の説明。これも先ほどと同様の神経束によってコントロールされています。筋自体はちょっとわかりにくいですね。続いて上腕二頭筋全部を内側に押しよけると、上腕筋が現れます。これも同様の神経束にコントロールされています。
続いて血管や神経について。まずはじめに、上腕に沿って肘の方へと走行している神経に対して、腋窩神経や橈骨神経は後神経束として骨の近くを通過、そして正中神経や尺骨神経も筋肉等の組織に保護されながら遠位にそうこうしているが、尺骨神経は肘周囲でダメージを受けやすいみたいなことをいってます。そして腋窩部へもどって動脈の説明。一本の動脈ですが名前が変わっていくようです。初めにピンセットで示している辺りが腋窩動脈。そのあたりから上下へ枝分かれするようにわかれているのが、それぞれ後上腕回旋動脈と肩甲下動脈。そのあたりから先は大円筋とクロスしているらしいです。腋窩動脈は上腕動脈へと名前がかわります。指でつまんでいるあたりが境目みたい。上腕動脈は神経と一緒に肘の方へと伸びていきます。もう一本大切な動脈として上腕動脈から枝分かれしている上腕深動脈を挙げています。上腕後面の大部分に血液を供給しているようです。橈骨神経とクロスしているのが確認できます。
続いて肘の方へ。上腕動脈と正中神経は一緒に肘の前面を通過していますが、ともに上腕二頭筋腱膜によってまとめられています。上腕二頭筋腱はさらに深部に位置しているようです。これら3つの位置関係は外側部から上腕二頭筋腱、上腕動脈、正中神経の順です。最後の他の血管について説明しています。見た感じ伸縮性がありそう。関節をまたぐ時は内側・外側へと枝分かれしています。





医療系の人気サイトはこちら

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

ブログランキング

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]