忍者ブログ
理学療法士として働く自分の知識の整理やリハビリに関するニュース,関連動画など。動画はネット上からの拾いものです。 勉強した事をまとめていく予定ですが、間違ったことがあるかもしれません。またその際、引用などで不適切なことがあるかもしれません。上記の事にお気づきになられたら連絡をいただければ幸いです。
ファイテンオフィシャルストア
訪問ありがとうございます
気に入った動画があれば各記事右下の拍手ボタンのクリックをお願いします。今後の更新や編集の参考にさせていただきます。
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/13 PT11]
[07/12 鍼灸あまし]
[02/16 PT11]
[02/15 認知運動量士 白いなまけもの]
[10/07 サトシ]
最新TB
プロフィール
HN:
PT11
性別:
男性
職業:
理学療法士
バーコード
カウンター
アクセス解析
ブログランキング
おもしろいブログが集まっています
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

是非訪問してみてください
[111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

チックは顔しかめ、またたき、舌出し、肩すくめ、首ふり、溜息、唸り声など突発する瞬間的な身振りや習癖と関連した運動である。不随意運動の一種で、同じ場所に起こりやすいが、時間的には不規則である。短時間ならば自らの意志で抑えうるが、抑えると不安や緊張が増加する。

責任病巣としてやはり大脳基底核が示唆されるが、脳に異常はなくストレスなどによって引き起こされる場合もある。一過性のチックと慢性チックがある。ドパミンの活性の過剰が原因と考えられ、ハロペリドールなどのブチロフェノン系抗精神病薬が有効である。行動療法・心理療法も効果的である。


ジル・ド・ラ・トゥレット症候群(Gilles de la Tourette syndrome)は2~15歳(平均7歳)で発症して慢性に経過する多発性チックで、トゥレット症候群やトゥレット病(Tourette discorders)と略称される。 本症はまばたき、首かしげ、肩すくめなどの単純運動チック、手を振る、蹴る、ジャンプなどの複雑運動チックが全身方々の部位に入れ代わり出現し、さらに咳払い、鼻ならしから複雑な発声チックを呈する。反響言語(echopraxia)、同語反復(palilalia)から不潔語や卑猥語を発する汚言(coprolalia)が特徴的である。さらに行動面の異常として強迫神経症、注意欠陥多動障害、卑猥行為(copropraxia)、反響行為(echopraxia)、睡眠障害、興奮しやすさなどを伴うことも多い。
ブチロフェノン系抗精神病薬のハロペリドールはかなり症候軽減効果があるが、症候は増悪したり軽快したりを繰り返して慢性に経過する。70%の症例は思春期ごろまでにかなり軽快する。
本症は男児に多く、遺伝学的に浸透率に性差のある常染色体優性遺伝とするものもあるが、家系内には慢性チックや強迫神経症のみの出現もあり明確でない。なお、病理所見で線条体の小型神経細胞の増加がみられた例がある。


ネットで見つけた関連動画をいくつか紹介します。それぞれ運動チックと発声チックが著明ですね。








周りにチックの症状で悩んでいる人がいるので、ちょっと調べてみました。ストレスや精神的なものからくる症状といわれたそうですが、どのようにアプローチすべきでしょうか??対症療法として行動療法や心理療法がおこなわれているそうですが、具体的にはどんなことが行われているのでしょうか??アドバイスいただけたら助かります。


<参考>








医療系の人気サイトはこちら

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

ブログランキング

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]