忍者ブログ
理学療法士として働く自分の知識の整理やリハビリに関するニュース,関連動画など。動画はネット上からの拾いものです。 勉強した事をまとめていく予定ですが、間違ったことがあるかもしれません。またその際、引用などで不適切なことがあるかもしれません。上記の事にお気づきになられたら連絡をいただければ幸いです。
ファイテンオフィシャルストア
訪問ありがとうございます
気に入った動画があれば各記事右下の拍手ボタンのクリックをお願いします。今後の更新や編集の参考にさせていただきます。
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/13 PT11]
[07/12 鍼灸あまし]
[02/16 PT11]
[02/15 認知運動量士 白いなまけもの]
[10/07 サトシ]
最新TB
プロフィール
HN:
PT11
性別:
男性
職業:
理学療法士
バーコード
カウンター
アクセス解析
ブログランキング
おもしろいブログが集まっています
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

是非訪問してみてください
[94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

腰痛を訴える人に対してその原因を鑑別する目的で行う整形外科的検査の一つ。


SLRとはStraight Leg Raisingの頭文字をとったものです。で、その名の通り、背臥位で寝た状態で、まっすぐ伸ばした足を挙上していくテストです。これは結構有名なテストでいまさら詳しく説明する必要はないですね。場所によっては患者を寝かせて挨拶がてらにSLRをするところもあるんじゃないでしょうか(笑)

検査結果の解釈としては、股関節屈曲70°~90°ぐらいで痛みが生じたときは、L5~S2あたりの椎間関節の痛みを疑う。これは股関節屈曲70度ほどからこれらの神経根が完全に伸張されるからである。股関節屈曲35°~70°ぐらいでは坐骨神経根が椎間板上で伸張されるので、この範囲で痛みが生じれば椎間板変性による坐骨神経根の刺激を疑う。0°~35°では坐骨神経はあまり伸張されずに比較的緩んでいるため、これらで痛みが生じた場合は仙腸関節の病変や梨状筋症候群などの硬膜外の病変を疑う。

(図:「写真で学ぶ整形外科テスト法」より)


なお、椎間板病変が疑われた時はラセーグテストやブラガードテストを行う。





<参考>



医療系の人気サイトはこちら

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

人気ブログランキング

ブログランキング

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]